シェアする

※この記事は5分で読めます。

 手のひらがかゆい! しつこい手湿疹は皮膚科に通っても治りません!

👋手のひらがかゆいなぁ~
ポリポリポリッ、ん?
なんか手にぶつぶつした水泡が出来てる…
手のひらに湿疹?

ポリポリポリッ…ザクッ!
ゲッ!水泡がつぶれた!

も出てきた、しかも凄くかゆくなってきた!

ポリポリポリッ…
ガリガリガリッ!…
ザクッ! ザクッ!

ひぇ~っ! 傷口がジュクジュクしてきた~!

手湿疹歴は10年以上…  完治への軌道!

手湿疹歴10年以上のアラフォーのおじさんが、Google先生で手湿疹について調べ上げ、ありとあらゆる情報を基に効果的と言われる方法も試し続け、更に皮膚科の名医と言われるお医者さんを訪ね歩き、各地の皮膚科や内科に通い続けても一切治ることがなかったしつこい×2手湿疹の発症から完治させるまでの苦難と困難の軌道を書きつづります。

手湿疹を経験した人にしかわかりませんが
手湿疹のない日常は最高です👍!

この手湿疹は本当×2に厄介な症状なので自分と同じ悩みを抱えている方に対して少しでも参考になればと思い自分が手湿疹を克服した治し方を書いてみたいと思います。

私もインターネットで手湿疹の事は調べつくしました…
しかしいろんなホームページを見ても書いてある事は似た様な内容です…

例えば、今使ってる洗剤を変えましょうとか、シャンプーを変えましょうとか、
ワセリン塗って保湿しましょうとか、血行を良くしましょうとか、皮膚科を受診しましょうとか、しまいには手湿疹はストレスのせいだと書いてあります。

まぁこれで治る人もいるかも知れませんけど、たぶんこれって自分では手湿疹を経験していない人が他から聞いた意見や、他で見た意見をホームページに書いているだけだと思うんですよ。

だって実際にはこんな事試しても手湿疹って治んないから。

実際に私の手湿疹は治んなかったし、病院(皮膚科、内科)行っても治んなかったから。

世間には本当に自分が知りたい事が書いてない・・・
だったら自分でいろいろ理論的に試してみようと。

そして様々な事を試した結果、意外と基本的なことで自分の手湿疹を克服する事ができました。

それなので、

このサイトでは10年以上手湿疹で悩んで、苦悩して、そして克服したおじさんが、
現在手湿疹で苦労している人、インターネットでいろいろ調べて治療方試したけど全く効果が無い人や、そんなもん全部試したわ!って方、又はこのままずっと手湿疹と付き合っていこうと完治をあきらめた人に向けて書いてみたいと思います。

★注意
👉人はそれぞれで症状や体質なども含め必ず個人差がありますので必ず同じ効果があるとは言えませんが、自分が試した方法は経験と理論に基づいた方法なので少なくとも自分と同じような症状の方には男女関係なく適用できると考えてます。

目次

手湿疹とは?

手湿疹の発症、そして苦悩

手湿疹を治すために試したこと

手湿疹は病院に行っても治らない!

ついに手湿疹が治ったぞ!

手湿疹完治とまとめ

手湿疹とは?

このサイトに辿り着いている方に、いまさら手湿疹のうんちくは必要無いとは思いますが、一応簡単に手湿疹について解説してみます。

手湿疹とは、主に家事などの水仕事をする主婦の方に多く見受けられる症状なので〝主婦湿疹〟とも呼ばれています。
(主婦湿疹といわれていても男女関係なく症状は出ますよ、自分も手湿疹になったから。)

手湿疹は、日常生活のあらゆる刺激によって生じる皮膚炎で、発症すると激しい痒みに襲われ、次第に患部にぶつぶつした水泡が現れてきます。

このぶつぶつした水ぶくれが厄介者で、水泡が発生すると更に痒みが増していきます。

痒みが増してくるので患部をかく頻度がさらに多くなり、次第に水泡が潰れて水とが混じった液体となり、傷口がジュクジュクしてきて、更に×2痒みを増してまたかきむしって傷口はまさにカオスな状態

あまりのカオスな状態に助けを求めて病院を受診すると、まず間違いなくステロイドの塗り薬を処方されます。

ステロイドの塗り薬を塗ることで確かに一時的に患部は良くなります。

良くはなりますが手湿疹の根本的な原因を解決しないと直ぐに再発し、水泡がつぶれたジュクジュクなカオス状態に戻ってしまいます。

このように 一時的に治っては発症して、治っては発症してを繰り返す、無限ループの悪循環を繰り返してる方が手湿疹患者のほとんどではないでしょうか?

戻る

手湿疹の発症、そして苦悩

私の場合は手湿疹歴が15年程なので、この厄介な症状と気が遠くなるほど長々付きあってきました。

”手湿疹画像/若干観覧注意”

手湿疹の醜い手をなるべく人に見せたくないため、なるべく肌を出さないように夏場でも長袖のシャツを着ていたので同僚から入れ墨でも入ってるかとからかわれ、ワイシャツの袖が手湿疹の患部から滲んだで汚れ、洗濯の時に奥さんに負担をかけ、コンビニ🏪で美人の店員さんからお釣りをもらうときに荒れた手を見られたくないので躊躇したり、常に大量のバンドエイドを常備していたので〝お前は女子か!〟とイジラれ、公共の施設や病院🏥などの入り口に常設してあるアルコール消毒が手にしみて涙目になったりと、日常に様々な小さい不幸が存在していました。

今となっては手湿疹も治り、手もすっかり綺麗になったので(綺麗と言ってもおっさんなりの手✋ですが…)
これまで悩んで×2仕方がなかった醜い手湿疹の症状が無いだけで、こんなにも日常の生活にストレスが無いのかと幸せすら感じています。

もともと子供の時から皮膚は弱い体質でした。

小学生の時には、季節が暖かくなってくると虫の刺された訳でもないのに腕(肘から先)の裏が蚊に刺された用に膨れ上がり、そこがかゆくなって水泡ができて更にかゆくなるので搔きむしります。その結果水泡が破け、傷口がジュクジュクしてくる…

ジュクジュクした傷は治りが悪く、せっかく乾いた傷口もお風呂に入るとジュクジュクが再発。

やっと傷口が乾いたと思っても、寝ている間に掻き毟ってしまい、朝起きた時には布団には傷口からでたジュクジュクで布団が汚れ…

夏でも、暑くても、学校のシャツは長袖を着用し、傷口にバンドエイドをしていても、バンドエイドから染み出したジュクジュクでシャツが汚れ…

今思い出しても皮膚が弱い事が軽いトラウマとなっていて、夏を謳歌する事が出来ない内向的な幼少期や青春時代を過ごしていました。

ちなみに昔の影響で、今でも夏はあまり好きではありません…

手湿疹のきっかけ

私が本格的に手湿疹の症状が出始めたのは約15年前、きっかけは水仕事用のゴム手袋でした。

私は当時、人材派遣の会社に在籍しており、派遣先に派遣社員を斡旋する業務を主にやっておりました。 その当時は会社の業績も好調で、事業拡大に伴い派遣先をドンドン増やし、派遣する社員の教育を行う為の研修所を新設する為に、近くの古びた事務所を買取り、改装して使うという案が出ました。

その買い取った研修所の改装も、少しでも経費を浮かす為に社員でリフォームを行う事となりました。

その際に外壁や内壁、床をペンキで塗る作業を行ったのですが、この作業を行うために1週間ほど水仕事用のゴム手袋を常に着用していました。

最初の頃は特に問題が無かったのですが、研修所の完成に近づいてきたころから手のかゆみが現れてきました。

この時のかゆみがそれから15年間悩み苦悩するとはつゆ知らず…

最初の頃は指先にかゆみが現れ、次第に指の間、それから手のひらへ、そして手首廻りへとかゆみが浸透していきました。私の場合は右手の症状が特に醜くかったですね。

次第にかゆみが出てたところからぶつぶつした水泡になっていき、私は昔からニキビなども出来たら潰す癖が有りましたので勿論その水ぶくれも潰します。

水泡は潰れると、中の水分が滲み出て更にかゆみが激しくなっていきます。

最初の頃はかゆみに負けて掻き毟ったり、あまりにかゆいときは患部を石鹸でごしごし洗い、薬局に売ってる消毒用のアルコールスプレーなどを患部に吹きかけ、患部がシミる痛みでかゆみを誤魔化してしのいでいましたが、今思えばかゆみを取る為にやっていたこの行為は手湿疹を悪化させるだけで、その場しのぎの行為でした。

かゆみが一向に取れないので更に掻き毟る行為が患部のキズを広げ、爪や固い物で患部をこすり、キズが広がり、が滲みでて、水分と合わさり傷口が醜いことに…☹

さらに醜くなったキズがさらにかゆい事かゆい事!😰

当時はあまりネット情報も今ほど多くなくて情報も少なかった為、薬局に行っては薬剤師に勧められた市販の手荒れ用クリームやハンドクリームを塗って凌いでいましたし、寝る前にワセリンを手に塗りまくり、タクシーの運転手の方が良くはめてる手袋はめて寝ていました。
(朝起きたときは脱げてるけど…)

そもそも自分位の重度の手湿疹には市販の薬は全く効果なしでした…

今振り返ってみてもこの時期が一番つらい時期だったかもしれません…

それから暫くたって派遣会社を辞めて今の会社に転職し、業種としては事務作業がメインの仕事なので一日中机でPCのキーボード💻を叩いて電話をとっています。

業種が変わって手にやさしい職場環境なので手湿疹も収まるかと思っていたのですが、手湿疹はそんな簡単な問題ではなく、憎っくき手湿疹が収まる気配は一向にありませんでした。

戻る

手湿疹を治すために試したこと

この時期からインターネットを駆使し、手湿疹についていろいろ調べました。

手湿疹の治療で検索すると一番に出てくる対策は〝手の保湿〟でした。

人間の皮膚の表面には皮膚を保護するための角層間脂質(かくそうかんししつ)が存在し、外部からの刺激に対してバリアの機能をはたしていますが、この脂質が家事などの水作業で洗剤を良く使用したり、シャンプーや石鹸、又は仕事の業種によっては手をよく洗う仕事の方が、この角層間脂質が洗い流されてしまい手を保護する機能が無くなってしった結果、皮膚の水分と油分が失われる事が原因で手湿疹になると言われています。

ふむふむ、なるほど

特に空気が乾燥してくる秋から冬にかけて悪化する事が多く、その他アレルギーによるものや、精神的ストレスや寝不足、疲労、又は乾燥肌なども手湿疹の原因の一つになっているようです。

なるほどなるほど

確かに私の手先は乾燥してるし、その他の要因も当てはまると思い、とりあえず一つずつ試してみることにしました。

まずは一番に挙げられる台所洗剤、シャンプー関係を試してみよう

シャンプーや石鹸、ハンドソープ、台所洗剤などは、無添加とかオーガニックとか言われているいかにも手に優しい、自然に優しいと言われてる物に全て変えてみました。
しかしこの無添加とかオーガニックとか言われてる洗剤は高いですね。 通常の物より2倍の金額とか平気でしますから。

しばらく使って見ましたが…
う~ん 何も変わらない…

それじゃあって事で敏感肌の赤ちゃん用の物だと更に低刺激だと思い、いいオッサンが赤ちゃん用のシャンプーや石鹸、ベビーローションを使ってみる。

う~ん 何もかわらない…
しかもベビー用は内容量も少ないのでコスパが悪い!しかも汚れがとれた感じもしない!

こうなったらと思い、無添加洗剤やシャンプーを使いながら、
更に炊事用のゴム手袋はめて洗い物をやったり、風呂に入って体洗ったり、シャンプーまでゴム手袋はめたまま頭を洗ってました。
更には入浴剤も保湿成分配合の物を使っていました。

※注意

ゴム手袋は内側が直接ゴムじゃなく、ちゃんとした裏地が有るものを使用して下さい。 裏地が無いとゴムアレルギーなどで余計にひどくなる可能性があるから

しかしゴム手袋しながら風呂に入るおっさんの光景は滑稽ですが、そこまでやっても私の手湿疹は一向に治る気配は無かったのです…

あかんやん…

戻る

手湿疹は病院に行っても治らない!

もちろん病院🏥にも通いました。

一時期転勤族だった事もあり、各地の皮膚科に通っていました。(小さな街角の病院から総合病院まで様々)

病院の問診で現在の手湿疹の症状や、生活習慣などを聞かれますが、診察の結果お医者さんに言われる回答は何処も大体同じ内容でした。

保湿して下さい。
刺激あるもの触るときは手を保護して下さい。
十分睡眠取って下さい。
適度に運動して血行を良くして下さい。
ストレスは溜めこまないでください。
過労には気を付けて心身ともにしっかり休んで下さい。
シャンプー、洗剤、石鹸は刺激が無い物を使って下さい。
アレルギー検査やりましょう。
手水虫の検査やりましょう。
漢方試してみましょう。
ホルモンバランスが崩れてる可能性があります。

処方された薬はほぼステロイド配合の塗り薬や保湿用の軟膏です。

ビトラ軟膏
アズノール軟膏
エキサルベ軟膏(弱ステロイド)
ベトノバール軟膏(中ステロイド)
アルゾナ軟膏(強ステロイド)
アンテベート軟膏(強ステロイド)
デルモベート軟膏(最強ステロイド)
スピラゾン軟膏
ヒルドイドソフト軟膏
オキサロール軟膏
アレグラ(飲み薬)

しまいには流れ作業みたいに適当に症状見てアンテベート軟膏だけ処方するヤブ医者もいました。(ヤブ医者医院名公表したいくらいですわ!)

このようなダメ医者の件もあり、セカンドオピニオンの大事さも痛感しました。
(セカンドオピニオンでも治らなかったけどね…)

たまに古い病院で受診し、医者がおじいさんかと思ったら綺麗な女医さんで、荒れた手湿疹おじさんの手を優しく触れて診断してくれた時はドキドキすることも😁
(女医が美人でも手湿疹は治りません)

Google先生で皮膚科の名医を調べて、その名医と言われる病院にも行きましたがアレルギー検査を行い、どのアレルギーにも反応がなくて結局俺の手湿疹は名医と言われる先生も解決してくれませんでした。
(何が学術委員だよ、何が常任理事だよ、肩書だけ)

しかし病院で出される塗り薬には一時的の効果が有り、ステロイドで手湿疹の患部が収まった後は、同じく病院で処方された保湿剤でしばらく手湿疹の症状は良くはなります。

ただしこれが持続できないのです。

症状が緩和されるのは一時的で、時間がたてば症状が再発したので治ったとは到底いえません。

毎月病院に通わなくちゃいけないんですか? 

この先の人生ずっと薬を塗り続けるんですか?

こんなの治ったっていいません!

しつこい手湿疹は病院では治らないのです!

戻る

ついに手湿疹が治ったぞ!

🌟外から治療してダメなら内から治すしかない!

10年以上悩んだ手湿疹ですが現在は完治しています。
再発もしていませんし、綺麗な状態を保てていますし、再発の予兆も今のところはありません。

私が手湿疹を克服する事ができたのは大きく分けて〝2つ〟の事を試したからです。

①栄養バランス(不足分はサプリメント=ビオチン)

皮膚に関する書籍やGoogleなどで調べるうちに一つのビタミンの存在を知りました。

ビオチンの勧め

いろいろ調べてみると、手湿疹の限らず、その他の皮膚炎である脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎にもビタミンBの一種であるビオチンがとても効果的と言われており、実際にビオチンによってアトビーや脂漏性皮膚炎が劇的に改善したという話がありました。

ビオチンは皮膚の炎症のもとである、ヒスチジンを排出する働きや、皮膚の細胞活性化、再生促進を早める効果が有るので手湿疹を含む皮膚の疾患に効果的なビタミンと言われています。

細胞活性化促進により白髪や抜け毛防止や、爪が再生し綺麗になったり、花粉症、口内炎などにも効果的と言われています。

ビオチンはビタミンCやその他ビタミンB群と一緒に摂取する事でより吸収力が高まるとされていますのでただビオチンだけを接種するよりも、他のビタミン軍を一緒に摂取する事をお勧めします。

ビオチンを摂取するにはサプリメントが一番手っ取り早く、ビオチンが入っていればどのサプリでもいいですが自分が試したビオチンを含んだサプリメント👇

体にうれしいマルチビタミン

皮膚以外にもこのサプリメントを摂取していると寝起きの時に、シャキッと目覚めが良い感じがします。 あくまでも感じですけどね。

実はこのビオチンがうれしい誤算でした。

私は手湿疹以外にも頭皮から過剰に分泌される頭皮脂の影響で脂漏性皮膚炎にも悩まされていましたが手湿疹同様に脂漏性皮膚炎の症状と花粉症が劇的に改善しました

② 保湿

体の内側からは体質改善で手湿疹を治し、外側からも患部の保湿を行いダブルの効果を上げます。

手湿疹の保湿には病院で処方してもらった保湿のクリームが一番いいのですが市販でも自分に合った保湿クリームを使用すると手湿疹が劇的に改善します。

自分に合ったしっかりした保湿クリームが大事です。

人間の皮膚には水分が含まれており、角質細胞という小さい細胞の間に水分が存在するのですが、その水分を蒸発させないように保護しているのが細胞間脂質(さいぼうかんししつ)と言います。この細胞間脂質が減少した皮膚では水分の保持が出来ずに蒸発し、皮膚の角層がめくれ上がった状態になります。

この状態を放っておくと、表皮の下の真皮にあるべき神経が、表皮内に伸び、痒みを発生させます。そこを掻くことによって手湿疹となっていきます。

手湿疹の対処法は手の皮膚にある角質細胞間に水分を留め、その水分を留めておく細胞間脂質も保湿してあげる必要が有ります。

病院に行って薬を貰わずともこの理論に合った適切なハンドクリームを使用する事で劇的に手湿疹の症状が改善しました。
わたしもいろいろ市販品を試し、自分の体質に合った物は数種類ありましたが、最も効果があったのがこの保湿クリーム👇

細胞間脂質をサポート「クラウンセルクリーム」

使用した感じでは皮膚の中まで浸透し、保湿してる感じがあり、べたべたせず、しっとりしています。 このクリームも塗った後に薄くワセリンを塗るとさらに保護されますのでお勧めです。

この保湿クリームビオチンを試した結果!

戻る

手湿疹完治とまとめ

わたしの主観ですが、皮膚炎などの症状の改善には内側からの治療が、塗り薬などの外からの治療が3割の比重で考えた方がいいかもしれません。なぜかと言うと私の経験上、皮膚にどれだけ気を使って日常生活しても皮膚の疾患って最終的には解決しません。

どれだけ皮膚に優しい洗剤やシャンプー、石鹸をつかったり、病院で処方された薬を塗っても、市販の薬を塗っても改善されるのはほんの一時期だけです。今度の長い人生でそんな事に気を使いながら生きていくのはものすごく面倒じゃないですか?

同じ生活環境でも皮膚に何の悩みも無い人もいますよね? これってやっぱり体質の違いなんですよ。そしてこの体質の改善は体の中身から行うしか方法が有りません。

私は15年間しつこい手湿疹に悩んできましたが今は完治しています。

何度もいいます。手湿疹を経験した人にしかわかりませんが
手湿疹のない日常は最高です👍!

15年間色々な方法を試し、様々な病院に通い、様々な薬を試しましたが結局完治には至らず、
結局最後は自分で調べて自分に合った方法で手湿疹を完治させることが出来ました。

まさか15年も悩んで×2、どれだけ医者にかかっても治らなかった手湿疹がこんな簡単な方法で治るとは一切思ってもいませんでした。

私のしつこかった手湿疹はこの〝2つ〟で克服できたと実体験で感じています。

体質の改善(ビオチン)
手の保湿(自分に合った保湿クリーム)

最初の一か月で症状が軽くなり、二か月でみるみる手湿疹がきれいなってきて、六か月後にはほぼ完治と言っていいほど改善しました。

手がキレイになった後にこの2つとも辞めても今は再発していません。はっきりとした要因はわかりませんが体質が変化したのかもしれません。

今は手湿疹に無縁の日常です。

以前から考えられない快適✨さです。

普通の人には分かりませんが手湿疹の無い日常はコンビニでお釣りもらう時でも躊躇することもなくとても幸せです。

自分が試した方法は経験と理論に基づいた方法なので少なくとも自分と同じ症状の方には男女関係なく効果が見込めると感じています。

この経験が少しでも同じ悩みを持った方の参考になれば幸いです。

 

戻る

シェアする

フォローする