コンビニでお釣りをもらうとき躊躇しない日常を取り戻そう!

手湿疹が治らない原因は虫歯が影響してる可能性があります

手湿疹は歯医者で治るかも

何で虫歯が手湿疹と関係があるんだよ?

と思いますよね。

厳密に言うと虫歯が直接的な手湿疹の原因ではなく、虫歯の治療の際に使用する詰め物である銀歯が手湿疹に影響してる可能性があるんです!

歯の治療(番外編)

手湿疹についていろいろ調べてるうちに、原因不明の体調不良や、口内炎、アトピー性皮膚炎などの症状が、歯の治療を行った事で治ったという記事を目にしました。

本当かよ …

 

よく調べてみると、歯の治療の最後には銀歯の詰め物をすると思うのですが、もともと金属のアレルギーを持ち合わせてる人はその銀歯が悪さをして、様々な体調悪化を引き起こしているという内容がちらほらと記事として掲載されています。(実は有名な話ですよね)

私はもともと皮膚が弱い体質です。ネックレスや腕時計(皮バンドも含め)をはめていると必ず皮膚と擦れるところが痒く腫れてきますので、もしかすると金属のアレルギーを持っているのかな?と以前から思っていたので、アレルギー検査(パッチテスト)を行ってくれる皮膚科を探し、アレルギー検査を行ったことがあります。

その時の検査では金属のアレルギーは検出されなかったのですが、ハウスダストに反応が出てて、私はハウスダストアレルギー持ちであることが判明しました…
たしかに埃っぽいところではクシャミがよく出ます…

検査の結果で、金属アレルギーを持ち合わせてない事が分かりましたが、5年近くも歯医者を受診してなかったので歯の健康診断も含め、近場で口コミの評判が良い歯医者に見つけて受診してみました。

※皆さんも暫く歯医者を受信していない方は受診する事をお勧めします。
人の印象は外見でほぼ決まります。 特に歯には人となりが現れると言いますので、歯のメンテナンスも含め定期的に歯医者に通うことをお勧めします。

ついでのつもりで受診した歯医者ですが、結論を言うと銀歯の詰め物の脇から初期虫歯の再発が一ヶ所見つかり、虫歯の治療と歯石の除去で、結局1ヶ月間の通院を行う事となりました。

昔から嫌だった銀歯の詰め物部分も、この機をきっかけにハイブリッドセラミック(保険適用可)※1 の物に変えてもらいました。

もしアレルギーチェックを行って、御自身に金属アレルギーがあると分かったら、その旨を歯科医の先生に伝え、銀歯からハイブリッドセラミックの歯に変えてみて下さい。

※1
平成24年4月から、小臼歯の4番と5番(前歯から数えて4番目と5番目)に限り保険適用。

もし皮膚科や内科に通っても手湿疹が治らなくて悩んでいて、アレルギーの検査をやったことが無い人は必ず検査を受けてみて下さい。 もしアレルギーが原因で手湿疹が発症してる場合は外から何をやっても絶対に治りません。 必ずアレルギー検査を行ってくれる皮膚科や内科で受診して下さい。

アレルギーを持ってなくても手湿疹が一向に治らない方は、私と同じです。
もしアレルギーもなくて手湿疹が改善しない方は参考にしてみてください👇

15年間悩まされた手湿疹の発症から克服までの経緯をつらつらと書きつづっています。