コンビニでお釣りをもらうとき躊躇しない日常を取り戻そう!

手湿疹はうつるのか?

手湿疹はうつりません!

手湿疹は患部に水泡が出来て、それが潰れると水分が出てきます。

菌やウイルスが原因の症状であれば、その水分にも菌が存在するので接触感染が考えられるのですが、手湿疹で発生する水泡に溜まってる水分はただのリンパ液です。

これは滲出液(しんしゅつ液)と言われる物で元は血液だったものです。
(血液中の水分やたんぱく質が抽出れた物)

手湿疹は、菌が原因で発症する症状では無い為、手湿疹で発症した水分に感染の効力はありません。

その他にも同じように手に水泡が出来て痒くなる症状の中で、手水虫と汗疱があります。

手水虫の場合は、足に発症する水虫と同じで明らかに菌(白癬菌)が原因である為、こちらは接触感染をします。

洗面台などで家族全員同じタオルなどを使用すると、特に小さな子供は皮膚も柔らかく、感染に弱い為すぐにうつってしまう可能性があります。

白癬菌は特に湿気を好むので乾燥する冬場より、湿度の高い夏場などはより感染しやすいでしょう。

次に手湿疹と汗疱ですが、これはとてもよく似ています。
症状は全く同じと言っていいかもしれません。

病院で診察受けた際に先生にも汗疱と手湿疹の違いを聞いた事がありますがはっきりとした回答ではありませんでした。 おそらくお医者さんでもハッキリ分からないのでしょう。

唯一違うのは発症する原因と発症する場所です。

手湿疹は手の表面の皮膚の油分や水分が無くなり、弱くなった表皮に外的刺激が与えられ発症すると言われていますが、汗疱はその名が示すように汗💦が原因だと言われています。

汗が原因と言われているので、汗腺が多い場所である手のひらや指の横などに発症するようです、人によっては足の裏にも発症します。

手湿疹の場合は手にしか発症しないのでここが汗疱と大きな違いではないでしょうか。

手湿疹と手水虫と汗疱は症状が似てますが、特に手水虫は治療法が全く違うので、手に水泡が出来て痒くなる症状が現れたらまず最初に皮膚科を受診し、湿疹の原因をハッキリさせる事から始めて下さい。

基本、手湿疹は季節に関係なく発症します。(人によっては冬場が多いかも)
逆に手水虫と汗疱は夏場の発生します。

手湿疹と汗疱は手水虫と違い明確な発症原因が分からない場合が多いです。共に患部だけ治療しても、治るのは一時的で、再発する可能性がとても高い症状です。

再発する原因は、体質の問題の可能性もありますし、アレルギーの可能性もあるので病院選びは、手水虫の検査とアレルギーのパッチテストを行ってくれる病院を選んで下さい。

手湿疹と汗疱は場合によって患部だけでなく、身体の中身から改善させなければ完治は難しいやっかいな皮膚炎です。